STADの指示動作は、失行でも誤るのでは?

今回は「STADの指示動作は、失行でも誤るのでは?」についてです。悩めるSTに向けて僕の持っている情報を活用して患者に役立てて頂けますと幸いです。今回は「STAD指示動作」です。===「指示動作に従う」の最大のメリットは・持参物品がいらないということです。ポインティング課題だとどうしても持参物品が多くなります。でも、指示動作は身体ひとつあればシンプルで簡易に聴理解を推定できるからベッドサイドや在宅 ... 続きを読む

STAD普及に有利な条件

STADの新たな試験を開始しています。皆さんのお陰で多くの試料が集まりつつあります。本当にありがとうございます。試験に登録して頂いた皆様お力添えの程どうか宜しくお願い致します。===ご協力頂いた方のコメントで嬉しくて、同時に、色々考えることがありました。「当院では、MMSEとHDSRをセットにしたスクリーニングをよく用いますが失語などの理由で適さない方にSTADがとてもいいな、と個人的には思ってい ... 続きを読む

言語障害スクリーニング(STAD)のアルゴリズム

STADの新たな試験を実施中です。大勢のSTに協力して頂き本当にありがとうございます。たくさんのデータとともに励ましの言葉も頂きます。皆さんの想いに背中を押されて大きなうねりになってSTADは更に進化する手応えです。===さて、今回も学生のSTADの質問に回答いたします。「STADのアルゴリズムを教えてください」ということです。===脳損傷後のコミュニケーション障害に対する言語聴覚士のインテーク面 ... 続きを読む

STADの誤りが、正常範囲か否か

学生のコメントに回答します。「STADの誤りが、・脳血管障害なのか・病前からの能力なのか判断に迷います。」重要ですよね。病院勤務でも、・今回の病気の影響?・もともとの影響?と悩むことがよくあります。これは、STAD以外でも、失語、構音、高次脳、嚥下、あるいはST以外の医療分野でも重要で予後予測や転機先の決定にも関わる場合があると思います。パッと思いつく範囲で2つポイントを考えました。ひとつめは・・ ... 続きを読む

STADの心理的負担

先週から新たなSTAD試験をスタートしています。たくさんの応募やコメントを頂き本当にありがとうございます!!多くの方に使って頂けるほどにスケールメリットが生じセラピストや施設間での情報共有にとっても有益と考えています。試験に興味がある方はコチラに登録を===さて、この試験に頑張ってくれている学生のコメントに回答します。今回は「STAD施行のマインドセット」です。・・・・・・・・・・学生Aさんのコメ ... 続きを読む