STAD「言語検査」で大まかな重症度を推定する方法

今回は、STADで障害の重症度を推定する方法です。



神経心理テストの多くは、

得点が低ければ、重症
得点が高ければ、軽症

など、点数によって重症度を推定します。



例えば、

HDS-R、20点以下、
MMSE、23点以下、

だと「認知症の疑い」あり、
の基準がありますよね?



仮に、そういった基準が何もなかったら

テストの得点がどのような意味を示すか?
の判断がつきにくくなります。



上記の点数はあくまで「目安」とされてはありますが

基準が設けてあることで
症状の程度を推定し易くなりますよね?





そこで、

失語症の重症度別に
STAD「言語検査」を分類してみました。



失語症例を、Goodglass らの重症度分類に基づいて

重度・中等度・軽度に分類し

STAD「言語検査」の得点を比較してみます。


■グラフ|急性期失語例(31症例)



重症度によって症例の分布は異なり、

重度例はグラフ左側(低得点)に多い
軽度例は右側(高得点)に多い

傾向が目視できます。



この分布から、大まかにですが

失語症の程度と点数をみると

重度例「0~5点」
中等度「6~10点」
軽度「10~点」

の範囲に分布していました。



なので、

上記点数を目安にすれば「大まか」にですが

失語症の重症度を把握できると思います。



もちろん例外もありますし
一般化するには症例数が少な過ぎるので

あくまで「目安」までに、ですが、
^^^^^^^^^^^^^^^

こうした定量的な評価ができるのは
STADの特徴のひとつであり

「自分なり」とか、「切り貼りした」スクリーニングにはない

STADのメリットかもしれません。



セラピスト間の情報共有にとっても
有利に働いて欲しいと願っています。



STADセミナーではこの他、
「構音検査」や「非言語検査」
についても述べますね!



追伸

STADセミナーの参加者に多いのは、

・初期評価に不安のある方
・職場の環境が変わった方(小児→成人、etc)
・STADをもっと知りたい方

あと、ホワイトデーのセミナーに
来てくれた子も多いです♫

・・・・・・・・・・・・・・
申請を頂き
本当に有難うございますm(_ _)m
・・・・・・・・・・・・・・

皆さんの期待に答えられるよう
尽力致します。

セミナーの詳細を知りたい方はコチラ



↓ ↓ ↓ 荒木さんはいま何位?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。