脳画像を頭のなかで立体再現する方法

今週末は、大阪出張です!



大阪出張は3回目ですが、毎回

本場のタコ焼きを楽しみにしてます(笑)



2箱は大阪で食べて、

お土産で、あと2箱くらい買おうかな?

と、企んでます( ̄ー ̄)ニヤリ



さて、先週からお配りしている

「わずか10分で身につく!CTとMRIの見分け方」

が好評で嬉しいです☆



そして、読者からこんなコメントを頂きました↓↓↓


「私の今の目標は画像から情報を読み取ること。

目下、画像を頭の中で立体再現するのに悪戦苦闘中です。」



2次元の画像から3次元をイメージする、って

着目点が良いですね!

とても大事だと思います☆



せっかくコメントを頂きましたので、

いつもはセミナー内で喋っている

「脳画像から3次元をイメージする方法」

のヒントをコッソリお伝えします。



結論から述べますが、ひとつは、

☆脳溝を追う!

と3Dのイメージが良くなると思います。



それで、「脳溝」の追いかける時、

教科書によっては「中心溝」から入るのがありますが、

「中心溝」は、

追わないで下さい。



こう書くと、

「荒木さん、また頭がおかしくなったのかしら?」

と思われるかもしれませんが、

もうちょっとだけ聞いて下さい!



「中心溝」を特定する秘訣として

逆オメガ、とか

上前頭回の末端のひとつ前、とか

言われますが、でも、そもそもの話「中心溝」は、

・前後に似たような溝がある
・撮り方によっては見えにくい
・個体差があって見えにくい

ので、せっかく勉強しても、

私の患者の脳画像

必ずしも当てはまらない。。。



勉強の手応えや成果を感じにくいです。



一般的に、「中心溝を追うのは必ずしも容易ではない」とも言われていて↓↓↓
■引用:ウィキペディア

「私は中心溝が100%追いかけられます!」

という達人STもいると思いますが、



これから脳の勉強を始めたい、とか

何度勉強しても脳が分からないST、



それから、僕みたいな凡人にとっては

もっと即効性があって
~~~~~~~~~~

再現性が高い方法があるのですが、
~~~~~~~~

まずは、

現場で働くセラピストの『即』仕事に役立つメルマガ

(☆無料配信☆5日間プログラム)

に登録してみて下さい☆



また、「逆オメガ」って何?「上前頭回の末端」って何?

という方に向けても、「分かりやすく」お伝えする企画をしますので、

勤務先でみる私の患者の脳画像に

いつか役立てるようお力添えしたいと思います。



メルマガに多い登録者は、

・ブランクがあって復帰が不安・・・
・ひとり職場などの理由でなかなか指導を受けられない・・・
・日頃の臨床に追われていて時間が取れない・・・

という方が多いようですが、まずは、

「わずか10分で身につく!CTとMRIの見分け方」

を受け取ってね☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。