言語聴覚士のための論文執筆のコツ_査読

こんにちは。STAD開発者の荒木です。

このブログを読んでいる方には、

現在論文を書いている、あるいは、将来的にチャレンジしてみたい!

って言語聴覚士もいると思います。

なので、論文執筆でつまずきやすい点について解説します。

論文書くって、しんどいです。とりわけ、「査読対応」がきついです。

これから論文を書く言語聴覚士は、「そういうことがあるのか」と、

覚悟しておくだけでもずいぶん楽になるので、以下の点を知っておくことをお勧めします。

査読とは?_投稿した論文を編集者らが評価する。

編集者らの評価に基づいて論文が、「採用!」「修正!」「不採用!」となります。

========

「採用!」の方

========

おめでとうございます!!

あなたの研究が、学術的に正当性であると、

専門家に認められたということです。

学会発表までで終わるSTが多いなか、

ここまでこられる方は本当に凄いと思います。

自信をもってください。

よく頑張りました、マル。◎。

すばらしい実績となることでしょう!



=============

「修正!」「不採用!」の方

=============

あなたが思うことは、きっとこうです。

「誤解されている!なんで分かってくれないんだ!」



それでね、



怒ったり、他人のせいにしたり、

落ち込んだり、涙があふれたりする気持ち、

良く分かります。





でも、大丈夫です。

「論文を投稿できた」、ということが凄いんですよ。

チャレンジするスピリットがステキです!



僕なんかはもっとひどく言われていますよ。

あるアメリカの学会の査読者コメント

「この研究は、限定的で、でたらめな方法で行われているということを、荒木が認識する必要がある(やや意訳)」

なかなか、言ってきますねー(笑)。



でも、前向きに、修正していきましょう。



その時のポイントです。



多くの若手研究者が陥りやすいので、絶対に、押さえておいてください。

それは何かというと、「徹底的に査読者のコメントを読む」ということです。



プリントアウトした用紙がボロボロになるまで、徹底的に読み込んでください。

英語ならば、不明単語が無くなるまで調べて、何回も読むことをお勧めします☆

すると、

・どこまでは伝わったのか?

・何を暗示しているのか?

・査読者が何を欲しがっているのか?

などが分かってきます。



批判されることもありますがが、

「偉い先生に読んで貰えてラッキーだ!」

と思うようにしましょう。



☆これで論文は確実に良くなります☆



次に大事なのが、カバーレター、なのですが、これはまた別の機会に☆



↓↓↓荒木さんはいま何位?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。